必要な準備

納税者が自身で手続きを行うか、代理人が関与するかにかかわらず、
eLTAXで電子納税を利用する全ての納税者、代理人について、次の準備が必要です。

必要な準備

利用届出(新規)を行い、利用者idを取得します PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアを準備します 必要に応じて、インターネットバンキングの口座を用意します

利用届出(新規)を行い、利用者IDを取得します

利用届出(新規)を行い、利用者IDを取得してください。
利用届出(新規)の詳細については、「利用届出を行う」をご確認ください。
すでにeLTAXの他のサービスを利用するなどの目的で利用者IDを取得している場合は、あらためて利用者IDを取得することなく取得済みの利用者IDをそのまま使用できます。
なお、電子納税を利用するためには、納付先となる全ての地方公共団体に対して、対象税目を届出している必要があります。新たに届出を行う場合は、PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから利用届出(変更)を行ってください。利用届出(変更)の詳細については、「提出先・手続きを照会・変更する」をご確認ください。

PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアを準備します

eLTAXで電子納税を行うには、納付手続きを行うためのeLTAX対応ソフトウェアが必要になります。eLTAXの電子納税に対応したPCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアを取得してください。

PCdeskの詳細と取得方法については、「PCdeskの概要とインストール方法」をご確認ください。
市販の税務会計ソフトウェアについては、「eLTAX対応ソフトウェア一覧」からソフトウェアの製造元のホームページへアクセスし、eLTAXの電子納税への対応状況についてご確認ください。

必要に応じて、インターネットバンキングの口座を用意します

納付手続きは、「Pay-easy(ペイジー):税金・各種料金の払込み」サービスを介して、金融機関が提供しているインターネットバンキングやATMなどから行います。インターネットバンキングを通じて納付手続きを行う場合は、インターネットバンキング及びペイジーが利用可能な金融機関の口座を準備してください。
すでにお持ちの口座であらたにインターネットバンキングを利用する場合は、あらかじめ金融機関との間でインターネットバンキング等の利用契約を行い、インターネットバンキング用のID(識別番号)や暗証番号を取得しておいてください。その際、ペイジーが利用可能であることをご確認ください。
なお、ペイジーが利用可能な金融機関であっても、電子納税に利用できる金融機関は納付先の地方公共団体によって異なります。地方公共団体ごとに利用可能な金融機関については、「地方公共団体ごとのサービス状況」ページからそれぞれの地方公共団体のホームページへアクセスしてご確認ください。

ペイジーを介して金融機関やコンビニエンスストアなどのATMなどから納付手続きを行う場合は、インターネットバンキング用の口座を準備する必要はありません。
ペイジーの詳細については、ペイジーのホームページをご確認ください。

 

ページトップへ