ペイジー(Pay-easy)を介した納付の流れ

税額の納付手続きは、「Pay-easy(ペイジー):税金・各種料金の払込み」サービスを介して、金融機関が提供しているインターネットバンキングやATMなどから行います。
ここでは、インターネットバンキングで納付する方法とATMで納付する方法を紹介しています。その他にも金融機関がペイジーに対応した納付方法を提供している場合には、その方法で納付することもできます。

納付する際には、次の点にご注意ください。

  • 事前に納付情報発行依頼を行い、「納付情報」が発行されている必要があります。また、必要に応じて「納付情報」を印刷するなど、手元にご用意ください。納付情報の確認・印刷については、「申告データをもとに納付手続きを行う」または「納付用の基本情報を入力して納付手続きを行う」をご確認ください。
  • インターネットバンキングを利用する場合には、あらかじめ、ペイジーが利用可能な金融機関の口座を用意し、インターネットバンキングの利用契約を結んでログインID/暗証番号を入手しておいてください。また、納付先の地方公共団体がその金融機関に対応していることも確認しておいてください。
    地方公共団体ごとに利用可能な金融機関については、「地方公共団体ごとのサービス状況」ページからそれぞれの地方公共団体のホームページへアクセスしてご確認ください。あわせて、納付手続きに関する注意事項についても地方公共団体のホームページでご確認ください。

インターネットバンキングで納付する

金融機関が提供しているインターネットバンキング用のホームページから納付する方法です。
インターネットバンキングで納付する方法の詳細については、ペイジーのホームページでデモ版を体験することもできます。あわせてご確認ください。(インターネットバンキングやATMの利用にあたり、利用のための手数料が必要となる場合があります。その点はあらかじめ利用する金融機関にご確認ください)

インターネットバンキングを利用した納付には次の2種類の入り口があります。

  • PCdeskの「電子納付を行う」ボタンから納付する方法
  • 金融機関が提供しているインターネットバンキング用のホームページを表示して納付する方法
    金融機関がモバイルバンキングを提供している場合、モバイルバンキングでもこの方法で納付できます。

ここでは、それぞれの方法の違いや、操作の概要を紹介します。

PCdeskの「電子納付を行う」ボタンから納付する方法

PCdeskの「納付情報確認」画面から、「電子納付を行う」ボタンをクリックして納付する方法です。
この方法で納付する場合には、「納付情報」に記載されている「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「区分番号」などの情報が暗号化されて引き継がれるため、あらためてこれらの入力を行う手間が省略されます。
ただし、地方公共団体によっては対応していない場合があります。その場合には、次に紹介する「金融機関が提供しているインターネットバンキング用のホームページを表示して納付する方法」で納付してください。

操作の流れは次のようなイメージになります。

PCdeskの「電子納付を行う」ボタンから納付する方法

PCdeskの「納付情報確認」画面から、「電子納付を行う」ボタンをクリックすると、ブラウザが起動して支払金融機関を選択するページが表示されますので、支払金融機関を選択してください。
以降は画面の案内に従って操作します。操作方法の詳細については、ご利用の金融機関へお問い合わせください。
「納付情報確認」画面の表示方法については、「申告データをもとに納付手続きを行う」または「納付用の基本情報を入力して納付手続きを行う」をご確認ください。

金融機関が提供しているインターネットバンキング用のホームページを表示して納付する方法

ブラウザから金融機関のホームページへアクセスし、インターネットバンキング用のホームページへログインして「料金払込」などのメニューから納付する方法です。
金融機関がモバイルバンキングを提供している場合、モバイルバンキングでもこの方法で納付できます。

操作の流れは次のようなイメージになります。

金融機関が提供しているインターネットバンキング用のホームページを表示して納付する方法

操作方法の詳細については、ご利用の金融機関へお問い合わせください。
この方法で納付する場合には、「納付情報」に記載されている「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「区分番号」などの情報をあらためて入力する必要があります。操作を行う前に、「納付情報」を手元に用意しておいてください。「納付情報確認」画面の表示方法については、「申告データをもとに納付手続きを行う」または「納付用の基本情報を入力して納付手続きを行う」をご確認ください。
また、「料金払込」などのメニュー名称は、金融機関によって異なります。ご注意ください。

ATMで納付する

金融機関やコンビニエンスストアなどに設置されているペイジーマーク ペイジーマーク の付いたATMで納付する方法です。
「納付情報」さえあれば、特別な準備をすることなく納付できます。

ATMで納付する方法の詳細については、ペイジーのホームページでデモ版を体験することもできます。あわせてご確認ください。

ATMでの納付は、ATM画面の「税金・料金払込み」などのメニューから行います。
操作の途中で「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「区分番号」などの情報の入力が求められますので、「納付情報」を手元に用意しておいてください。「納付情報確認」画面の表示方法については、「申告データをもとに納付手続きを行う」または「納付用の基本情報を入力して納付手続きを行う」をご確認ください。

ATM画面の「税金・料金払込み」

操作の詳細については、ご利用のATM画面の案内をご確認ください。
また、「税金・料金払込み」などのメニュー名称は、金融機関によって異なります。ご注意ください。

 

ページトップへ