PCdeskを取得する

PCdeskを取得する

利用者用ソフトウェア(PCdesk)を取得するためには、PCdeskを当ホームページからダウンロードしてください。
全体のダウンロードサイズは約128MBです。ADSL等のブロードバンド環境を推奨しています。

なお、PCdeskの詳細については「PCdeskの概要とインストール方法」をご確認ください。

ご利用方法

  1. ページ下部の「PCdeskをダウンロードする」をクリックしてください。
    ログイン画面が表示されますので、利用者IDと暗証番号を入力してeLTAXにログインしてください。
    表示されたパスワードを控えた後、「PCdeskダウンロード」をクリックすると、都道府県名のリンク画面が表示されます。
    お住まい(又は勤務地)の都道府県を選択し、控えたパスワードを入力してダウンロードを行ってください。
     
  2. PCdeskをご利用いただくには、1でダウンロードしたファイルの「setup.exe」を実行し、インストールを行う必要があります。
    インストールの概要については、「PCdeskをインストールする(Windows Vista/7/8.1)」をご確認ください。
     
    (参考)上記1,2の詳細については、各種ドキュメントの「利用届出(新規)の手続き・PCdeskインストールガイドブック」を御確認ください。

ご注意いただきたいこと

eLTAXの利用可能時間は次のとおりです。ご注意ください。
月~金(祝日、年末年始12/29~1/3を除く。)8時30分~24時

PCdeskをダウンロードする
 

PCdeskでの特別徴収税額通知書の署名検証・証明書検証

PCdeskでは、市区町村が送信した特別徴収税額通知書について、特別徴収税額通知書に付与された署名の検証と、署名付与時に用いた証明書(※1)の検証を行うことができます。具体的には、以下の確認を行うことができます。
 
・特別徴収税額通知書の改ざん
・電子署名付与時に用いた電子証明書の発行元
・電子署名付与時に用いた電子証明書の有効性
 
PCdeskでは、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のブリッジ認証局のルート証明書(※2)を、特別徴収税額通知書の電子署名付与時に用いた証明書(※1)を検証するときの信頼の基点とし、検証対象の証明書から信頼の基点とする地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)ブリッジ認証局までのパスを構築することで、検証対象の証明書の正当性を確認する仕組みを用いています。
利用者は、PCdeskを利用した証明書検証を行う場合は、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)のブリッジ認証局を信頼の基点とすることに同意した上で、この認証局に関連する各種証明書(ブリッジ認証局の自己署名証明書及び中間認証局証明書)をパソコンにインストールしてください。

PCdeskで使用する証明書をダウンロードする

※インストールの詳細については、「PCdeskで使用する証明書インストールマニュアル」をダウンロードしてご確認ください。
 
なお、上記以外の方法で検証を行う場合は、御自身で検証方法をご検討の上、検証することもできます。
 
※1.特別徴収税額通知書の電子署名付与時に用いた証明書 :地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)の職責証明書
※2.ルート証明書 :証明書の発行元(認証局)が、その正当性を証明するために自ら署名して発行する証明書(自己署名証明書)

 

ページトップへ