利用届出の内容を照会・変更する

PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアを使用して、利用届出により登録した情報(以下「利用者情報」という。)の照会・変更を行うことができます。
ここでは、PCdeskを使用して照会・変更を行う方法を紹介します。
なお、他のeLTAX対応ソフトウェアを使用している場合は、ご使用の製品の操作マニュアルなどをご確認ください。
 
次のような場合には、利用者情報を変更してください。

  • 利用者情報(利用者の氏名、住所などの登録した情報)に変更が生じた場合
  • 提出先・手続きを追加又は削除する場合(eLTAXの利用廃止を除きます。)
    ※複数の地方公共団体に対して申告等を行う場合も提出先・手続きの追加を行います。(利用届出(新規)では、一つの地方公共団体しか提出先が指定できないため。)
  • 代理行為のみでの利用をやめる場合、及び代理行為のみの利用に変更する場合
  • 登録している電子証明書を変更する場合、または新規に電子証明書を登録する場合

操作画面イメージ/操作のポイント

利用者情報の照会・変更は、「利用者情報メニュー」から行います。

利用者情報を照会・変更する

「利用者情報照会・変更」画面

  • 利用届出の際に送信した情報は、「利用者情報」としてポータルセンタに登録され、PCdeskで申告データを作成する際に利用しています。そのため、現在の利用者情報(氏名、住所などの情報)が利用届出の内容と異なる場合には、必ず利用者情報を変更してください。
  • 氏名や住所など、利用者の基本的な情報を変更した場合は、「電子署名付与の選択」画面が表示されます。電子証明書を取得している場合は「電子署名を付与して送信する」をクリックし、電子証明書を取得していない場合は「電子署名を省略して送信する」をクリックしてください。

提出先・手続きを照会・変更する

「提出先・手続き一覧」画面

  • 複数の地方公共団体へ申告等を行う場合や申告税目を追加する場合に提出先・手続きを追加します。
  • すでに登録している提出先・手続きを削除します。(eLTAXの利用廃止を除きます。)
  • すでに登録している提出先・手続きを変更する場合は、提出先・手続きの登録と削除を行います。
  • 必要に応じて、代理行為のみでの利用をやめるか、代理行為のみの利用に変更するかを指定します。ただし、ポータルセンタに電子証明書を登録していない場合は、代理行為のみの利用に変更することはできません。

電子証明書を差し替える

「電子証明書の差替え」画面

  • ポータルセンタに登録している電子証明書を新しい電子証明書に変更することができます。また、新規に電子証明書をポータルセンタに登録することもできます。
  • 税理士が関与しなくなり、申告書への電子署名を省略できなくなった納税者の場合、使用する電子証明書を事前に登録する必要があります。

注意点

  • 利用者情報の照会、変更は、ポータルセンタにログインする必要があります。この場合は、インターネットに接続していることを確認し、ポータルセンタログイン画面で利用者IDと暗証番号を入力してください。
  • 利用者情報の変更は、利用者本人のみが行えます。
ページトップへ