申告データを作成する

申告書のレイアウトイメージで申告データを作成します。「申告データ新規作成」で用意した申告データのひな型を編集することにより、申告データを作成します。給与支払報告書、給与所得者異動届出書、事業所用家屋貸付等申告書を作成する場合には、市販の税務・会計ソフトウェアなどで作成したCSVファイル形式のデータをPCdeskへ取り込んで作成することもできます。詳細については、「給与支払報告書、給与所得者異動届出書を提出するには」「事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信するには」をご確認ください。

操作画面イメージ/操作のポイント

申告書を編集する

「申告書(本表)」画面

  • 照会モードと通常編集モードを切り替えることができます。また、通常編集モードになっている場合は、「強制編集モードにする」をクリックすることにより強制入力モードに変更することができます。
    【通常編集モード】申告書を作成するための編集モードです。通常は、このモードで申告書を作成します。通常編集モードでは、自動計算や計算チェックなどの機能が利用できます。
    ※別表が多数存在する申告データを編集した場合、編集後の保存処理に時間がかかることがあります。特に給与支払報告書の保存処理には非常に時間がかかる場合がありますので、編集する際には十分ご注意ください。
    【強制編集モード】申告書の作成で例外処理に対応させるための編集モードです。通常入力モードでは、入力できない場合(合計欄などの自動計算項目の数値を変更する場合など。)に利用します。強制編集モードでは、自動計算や計算チェックを行いません。
  • 入力した数値の計算に誤りがないかチェックできます。ただし、強制編集モードで編集した場合は、この機能は利用できません。
  • 代理申告の場合、申告書の「関与税理士」欄には申告書を作成した税理士の氏名を入力してください。なお、税理士法人に所属する税理士の方は、税理士法人の名称を併せて入力してください。
  • 給与支払報告書(個人別明細書)及び事業用家屋貸付等申告書(事業所家屋明細)を作成する場合、以下の点に注意してください。
    • 複数ページにわたる場合、途中に編集していない別表が存在しないようにしてください。
    • 最終ページまで編集した後、「次頁」ボタンをクリックして新しい別表を開かないでください。

様式や添付資料を追加する

「様式/添付資料一覧」画面

  • 別表となる様式や添付資料、財務諸表を追加することができます。利用者が表計算ソフトウェアなどで作成した資料を追加することもできます。
  • 電子データになっていない添付資料や第三者が作成し、証明している添付資料など、申告データに組み込むことができない添付資料がある場合には、郵送等により送付するための送付書を印刷できます。

注意点

  • 財務諸表として組み込めるファイル形式は次のとおりです。ただし、これらのファイル形式を混在させることはできません。
    -XBRL 2.0形式
    -XBRL 2.1形式
  • 財務諸表(XBRL 2.0形式)は、財務諸表ごとに1対1で対応するインスタンス文書(XMLファイル)で構成されています。組み込めるファイル拡張子は「.xml」「.xbrl」です。また、組み込める財務諸表は、以下の2通りとなります。
    1. 2004年5月1日版タクソノミ
      • 貸借対照表
      • 損益計算書
      • 製造原価報告書
      • 損益計算書(製造原価報告書等を含む)
      • 利益処分計算書
    2. 2006年3月7日版タクソノミ
      • 貸借対照表
      • 損益計算書
      • 製造原価報告書
      • 損益計算書(製造原価報告書等を含む)
      • 株主資本等変動計算書
      • 社員資本等変動計算書
      • 個別注記表
  • 財務諸表(XBRL 2.1形式)は、複数の財務諸表を1つのインスタンス文書(XMLファイル)に含むことができます。XBRL 2.0形式と同様に、組み込めるファイル拡張子は「.xml」「.xbrl」です。ただし、XBRL 2.0形式とは異なり、タクソノミ(ファイル拡張子が「.xsd」)を必ず組み込む必要があります。組み込める財務諸表は、以下のとおりです。
    -対応する標準タクソノミ
    • 2008年4月30日版税務用基本財務諸表タクソノミ
    -組み込める財務諸表
    • 貸借対照表
    • 損益計算書
    • 製造原価報告書
    • 株主資本等変動計算書
    • 社員資本等変動計算書
    • 利益処分計算書
    • 個別注記表
  • 添付資料として組み込めるファイル形式は次のとおりです。xls、xlsx、doc、docx、txt、csv、pdf、jpg
    なお、使用できるファイル形式は今後、変更されることがあります。
  • 電子署名を付与した申告データを編集すると、電子署名が削除されます。その場合、もう一度電子署名を行ってください。
  • 申告書に添付すべき資料を添付しなかった場合でも、送信時にエラーの表示はされません。ただし、添付資料の不備については、提出先の地方公共団体から後日問い合わせをする場合があります。
  • 事業所用家屋貸付等申告書の提出は、eLTAXで定めた標準様式を使用して行います。申告データを作成する際は、下記ダウンロード「事業所用家屋貸付等申告書 記載要領」をご確認ください。

こんなときには

 

ダウンロード

ページトップへ