納税者を切り替える

税理士が他の納税者の申告データを作成する場合に行う作業です。指定した納税者の代理人としてPCdeskを操作できます。
次のような場面で納税者を切り替えます。

  • 納税者の基本情報ファイルをポータルセンタからダウンロードする場合
  • 納税者の申告データを作成する場合
  • メッセージボックスで、納税者あてのメッセージを確認する場合

操作画面イメージ/操作のポイント

納税者切替は、「基本情報ファイルメニュー」や「申告データ作成メニュー」、「メッセージボックス」で行います。

納税者を切り替える

「納税者切替」画面

  • すでに納税者から基本情報ファイルを受け取っている場合には、その納税者が一覧に表示されます。一覧にない納税者に切り替える場合は、相手の利用者IDを入力してください。
  • 「納税者本人として操作する」をクリックするまで、納税者の代理人として操作を続けることができます。

納税者を確認する

「申告データ作成メニュー」画面

  • 納税者を切り替えると、画面上部にある納税者の氏名が切り替わります。表示されている納税者の氏名をよく確認しながら作業してください。

こんなときには

 

ページトップへ