事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信するには

PCdeskを使用して事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信する方法を説明します。事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信する方法には、次の3種類があります。

  • PCdeskで1人分ずつ手入力しながら作成・送信する方法
    PCdeskを使用して1人分ずつ手入力しながら事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信する方法です。この場合は、下図の「事業所用家屋貸付等申告書を取り込むための準備」(1)~(2)を行った上で、通常の申告データ作成と同様に「申告データの準備」を行い、申告税目・提出先を指定し、事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信します。操作の流れについては、「電子申告の基本的な流れ」をご確認ください。
    ※事業用家屋貸付等申告書(事業所家屋明細)を作成する場合、以下の点に注意してください。
    • 複数ページにわたる場合、途中に編集していない別表が存在しないようにしてください。
    • 最終ページまで編集した後、「次頁」ボタンをクリックして新しい別表を開かないでください。
  • CSVファイル形式のデータをPCdeskへインポートして送信する方法
    市販の税務・会計ソフトウェアなどで作成したCSVファイル形式のデータをPCdeskへインポートして送信する方法です。詳細については、「各種ドキュメント」ページから「PCdesk操作マニュアル」をダウンロードして「7.8 CSV取り込みにより、申告書を作成する」をご確認ください。
  • XMLファイル形式のデータをPCdeskへインポートして送信する方法
    市販の税務・会計ソフトウェアなどで作成した事業所用家屋貸付等申告書のデータをXMLファイル形式でファイル出力してPCdeskへインポートして送信する方法です。この場合は、「申告データをインポートする」機能を使用します。この機能については、「インポート/エクスポートする」をご確認ください。

ここでは、例として事業所用家屋貸付等申告書のCSVファイル形式のデータをPCdeskへインポートして作成・送信する方法を紹介します。

※事業所用家屋貸付等申告書の作成は、eLTAXで定めた標準様式を使用して行います。申告データを作成する際は、「各種ドキュメント」ページから「事業所用家屋貸付等申告書 記載要領」をダウンロードしてご確認ください。

事業所用家屋貸付等申告書の作成・送信(CSVファイルのインポート)の流れ

市販の税務・会計ソフトウェアなどで作成したCSVファイル形式のデータをPCdeskへインポートして作成・送信する流れは、下図のとおりです。「利用者が行う操作」をご確認いただき、該当する操作を行ってください。

事業所用家屋貸付等申告書の作成・送信(CSVファイルのインポート)の流れ

事業所用家屋貸付等申告書をcsvファイル形式で出力する 基本情報ファイルを授受する 利用届出(変更)または利用届出(新規)を行う 内容を確認し、電子署名して送信する 作成条件を指定し、csvファイル形式のデータをインポートする 作成対象(事業所用家屋貸付等申告書)を選択する pcdeskへログインし、「申告データ一覧」画面を表示する 特別徴収税額通知データの提供 csvファイルのインポートエラーに対処するには 事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信する手順 事業所用家屋貸付等申告書を取り込むための準備

事業所用家屋貸付等申告書を取り込むための準備

(1)利用届出(変更)または利用届出(新規)を行う

納税者は、あらかじめ利用届出を行い、事業所用家屋貸付等申告の電子申告を行えるようにしておく必要があります。

  • すでに利用者IDを取得している場合
    すでに利用者IDを取得している場合は、PCdeskの「提出先・手続き情報【利用届出(変更)】」から「提出先・手続き一覧」画面を表示し、申告税目として「事業所税」を追加してください。申告税目を追加する方法については、「提出先・手続きを照会・変更する」や「各種ドキュメント」ページから「PCdesk操作マニュアル」をダウンロードして「4.2 提出先、申告税目を確認・変更する」をご確認ください。
  • 利用者IDを取得していない場合
    利用者IDを取得していない場合は、利用届出(新規)を行うなど、eLTAXを利用するための準備が必要です。eLTAXを利用するための準備については、「eLTAXご利用の流れ」をご確認ください。なお、利用届出(新規)を行う際には、「提出先・手続き情報」の「申告税目」として「事業所税」を指定してください。

(2)基本情報ファイルを授受する

税理士が事業所用家屋貸付等申告書を作成する場合に必要な操作です。税理士が事業所用家屋貸付等申告書を作成する場合には、あらかじめ納税者の「基本情報ファイル」をPCdeskへ取り込んでおく必要があります。基本情報ファイルを授受する方法の詳細については、「基本情報ファイルを授受する【税理士の操作】」「基本情報ファイルを授受する【納税者の操作】」をご確認ください。

(3)事業所用家屋貸付等申告書をCSVファイル形式で出力する

PCdeskには、CSVファイル形式のデータを作成する機能はありません。あらかじめ、市販の税務・会計ソフトウェアなどを使用して、事業所用家屋貸付等申告書をCSVファイル形式で出力しておいてください。

  • 市販の税務・会計ソフトウェアなどを使用する場合
    事業所用家屋貸付等申告書のCSVファイル形式のデータを出力する際は、eLTAXの事業所用家屋貸付等申告書に対応した市販の税務・会計ソフトウェアなどを使用してください。
  • CSVレイアウト仕様書に基づいてCSVファイル形式のデータを作成する場合

事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信する手順

事業所用家屋貸付等申告書のCSVファイルをPCdeskへインポートする手順は次のとおりです。

※ご注意いただきたいこと
CSVファイル形式のデータをインポートして事業所用家屋貸付等申告書を作成した場合、インポート後にその内容を編集することはできません。事前にCSVファイルの内容が正しいかどうかをよく確認した上で操作を行ってください。

(1)PCdeskへログインし、「申告データ一覧」画面を表示する

  1. 自身の利用者IDでPCdeskへログインします。詳細については、「ログイン/暗証番号を変更する」をご確認ください。
  2. PCdeskのメインメニューから「申告データ作成メニュー」を選択します。
  3. 税理士が操作する場合は、「申告データ作成メニュー」の画面右上にある「納税者切替」ボタンをクリックし、表示される「納税者切替」画面で納税者切替を行います。詳細については、「納税者を切り替える」をご確認ください。
    「申告データ作成メニュー」画面
  4. PCdeskの「申告データ作成メニュー」から「申告データ読込み」を選択します。「申告データ一覧」画面が表示されます。

(2)作成対象(事業所用家屋貸付等申告書)を選択する

  1. 「申告データ一覧」画面で、「給与支払報告書等をインポートする」ボタンをクリックします。

    「申告データ一覧」画面

    基本情報ファイルをダウンロードするかどうかを確認する画面が表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。すでに基本情報ファイルをダウンロードしている場合は「いいえ」ボタンをクリックします。

    確認メッセージの画面

    このとき、ポータルセンタへログインしていない場合、「ポータルセンタログイン」画面が表示されますので、利用者IDと暗証番号を入力してログインしてください。「作成対象申告書選択」画面が表示されます。

  2. 作成対象を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。この例では「事業所用家屋貸付等申告書」を選択します。

    「作成対象申告書選択」画面

    「提出年月日等入力(貸付)」画面が表示されます。

(3)作成条件を指定し、CSVファイル形式のデータをインポートする

  1. 「提出年月日等入力(貸付)」画面で、提出年月日、作成する申告書に応答する方の所属、氏名、電話番号を指定し、「次へ」ボタンをクリックします。

    「提出年月日等入力」画面

    「提出先選択」画面が表示されます。

  2. 利用届出済みの提出先が表示されますので、提出先を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。提出先は、複数選択できます。

    「提出先選択」画面

    「事業所用家屋貸付等申告書インポート確認」画面が表示されます。

  3. 選択した提出先ごとに、CSVファイルを指定します。「事業所用家屋貸付等申告書インポート確認」画面には「提出先選択」画面で選択した提出先が順番に表示されますので、提出先を確認して「インポートする」ボタンをクリックしてください。「スキップする」ボタンをクリックすると、表示されている提出先についてCSVファイルのインポートをスキップできます。その場合、次の提出先を確認する画面が表示されます。

    「事業所用家屋貸付等申告書インポート確認」画面

    「インポートする」ボタンをクリックすると、CSVファイルを指定する画面が表示されます。インポートするCSVファイルを指定し、「開く」ボタンをクリックしてください。

    ファイルを指定する画面

    複数の提出先を選択している場合は、選択した提出先の数だけ、この手順を繰り返します。CSVファイルの指定が終わると、「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面が表示されます。

  4. 事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧から、提出先を選択し、「事業所用家屋貸付等申告書を作成する」ボタンをクリックします。提出先は複数選択できます。このとき、作成対象外の提出先はグレー表示され、選択できません。

    「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面

    事業所用家屋貸付等申告書のデータが作成されます。作成が完了すると、完了を知らせるメッセージ画面が表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面に戻ります。

    完了メッセージの画面

    エラーが発生した場合には次の画面が表示されます。

    エラーメッセージの画面

    PCdeskでは、提出先ごとにエラーチェックを行っています。そのため、複数の提出先がある場合には、「はい」ボタンをクリックして他の提出先についてもエラーチェックを行い、あとでまとめてエラーを解決することができます。その都度エラーを解決する場合は、「いいえ」ボタンをクリックし、インポート処理を中止してください。

  5. 「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面の「結果」欄に、作成結果が「正常」と表示されていることを確認します。

    「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面

    「異常」と表示されている場合、エラーが発生したために事業所用家屋貸付等申告書は作成されていません。市販の税務・会計ソフトウェアなどを使用してCSVファイル形式のデータを出力した場合は、ご利用のソフトウェアの製造元へお問い合わせください。CSVレイアウト仕様書に基づいてCSVファイル形式のデータを作成した場合は「CSVファイルのインポートエラーに対処するには」をご確認の上、問題を解決してもう一度CSVファイルをインポートしてください。

  6. 「事業所用家屋貸付等申告書提出先一覧」画面で「閉じる」ボタンをクリックします。「申告データ一覧」画面が表示されます。

    「申告データ一覧」画面

(4)内容を確認し、電子署名して送信する

  1. 「申告データ一覧」画面から、内容を確認するデータを選択して「選択した申告データを表示・編集する」ボタンをクリックします。

    「申告データ一覧」画面

    「申告書(本表)」画面が表示されます。

  2. 申告書(本表)として事業所用家屋貸付等申告書の申請者情報が作成されていますので、内容を確認します。内容を修正したい場合は、CSVファイル形式のデータ出力までさかのぼって内容を修正し、その後もう一度CSVファイルをインポートしてください。

    「申告書(本表)」画面

    ※画面右上の「通常編集モードにする」ボタンをクリックすると本表の一部の項目については編集できるようになりますが、CSVファイルの内容をもとに値が設定されているため、通常は編集する必要はありません。別表が多数存在する申告データの本表を編集した場合、編集後の保存処理に時間がかかることがあります。インポート後の値を編集する際には十分ご注意ください。

  3. 家屋情報を確認します。「申告書(本表)」画面で、「様式/添付一覧」ボタンをクリックしてください。「様式/添付資料一覧」画面に家屋情報の一覧が表示されます。

  4. 「様式一覧」から、内容を確認する様式を選択して「選択された様式を開く」ボタンをクリックします。

    「様式/添付資料一覧」画面

    「別表」画面が表示されます。

  5. 別表として家屋情報が作成されていますので、内容を確認します。「前頁」/「次頁」ボタンをクリックすると、前後のページを確認できます。ここで家屋情報の内容を修正することはできません。内容を修正したい場合は、CSVファイル形式のデータ出力までさかのぼって内容を修正し、その後もう一度CSVファイルをインポートしてください。

    「別表」画面

  6. 賃借人情報を確認します。「別表」画面の一番下までスクロールし、「賃借人の情報を表示する」ボタンをクリックしてください。「賃借人情報表示」画面に賃借人情報の一覧が表示されます。
  7. 賃借人情報が作成されていますので、内容を確認します。

    「賃借人情報表示」画面

  8. 「閉じる」ボタンを何度かクリックして、「申告データ作成メニュー」へ戻ります。
  9. 通常の申告データの場合と同様に、電子署名を付与して送信します。「申告データ作成メニュー」から「申告データ署名」「申告データ送信」を行ってください。詳細については、「電子署名を付与する」、「申告データを送信する」をご確認ください。

    「申告データ作成メニュー」画面

    これで事業所用家屋貸付等申告書の提出は完了です。

 

ページトップへ