eLTAXご利用の流れ

eLTAXを利用するには、下図のような手続きが必要です。

イラストの各部をクリックして、詳細な説明をご確認ください。

eLTAX の概要についてお知りになりたい方は、「eLTAXとは」をご確認ください。詳細を見る 

eLTAX ご利用に必要な手続き等

1.利用届出を行います

利用届出(新規)を1度だけ行い、利用者IDを取得してください。利用届出(新規)が完了すると、ホームページ上で利用者IDと仮暗証番号が発行されます。

1つの利用者IDで複数の地方公共団体へ申告等の手続きを行えます。

詳細を見る
2.「手続き完了通知」を受け取ります

数日後、利用届出(新規)の受付手続きが完了したことを知らせる「手続き完了通知」メールがe-mailアドレスへ届きますが、この通知を待たずStep3及び4の作業終了後に電子申告がご利用いただけます。

詳細を見る
3.eLTAX対応ソフトウェアを取得します

申告書等の作成・送信は、PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから行います。eLTAX対応ソフトウェアを取得してください。

当ホームページから、無料のeLTAX対応ソフトウェア(PCdesk)を取得できます。また、市販されている税務・会計ソフトウェアの中にも、eLTAXに対応しているものがあります。

詳細を見る
4.暗証番号を変更します

PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアからeLTAXへログインし、仮暗証番号を変更してください。

仮暗証番号には有効期限が設定されていますので、ご注意ください。

詳細を見る
5.電子申告、電子納税、電子申請・届出を行います

PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから申告書を作成・送信してください。

複数の提出先へ電子申告する場合は、利用届出(変更)を行って提出先を追加します。

PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから納付情報の発行依頼を行い、金融機関が提供しているインターネットバンキングやATMなどから、ペイジーを介して税額を納付します。

詳細を見る

電子申請・届出を行う場合には

6.電子申請・届出を行います

すでにeLTAXで電子化されている申告手続きに関連した申請・届出手続きをWebブラウザから行うことができます。

 

電子申請・届出の場合には、電子証明書さえあればすぐにでもご利用を始められます。ただし、代理人の場合には必ず利用者IDが必要です。

利用者IDを取得すると、申請・届出書を複写して複数の地方公共団体へ提出できるようになります。

詳細を見る

ページトップへ