申告データを準備する

申告データの準備では、基本情報ファイル(利用届出の情報)を基に提出先、申告税目などの作成条件を入力し、申告データのひな型を作成します。
給与支払報告書、給与所得者異動届出書、事業所用家屋貸付等申告書を作成する場合には、市販の税務・会計ソフトウェアなどで作成したCSVファイル形式のデータをPCdeskへ取り込んで作成することもできます。詳細については、「給与支払報告書、給与所得者異動届出書を提出するには」「事業所用家屋貸付等申告書を作成・送信するには」をご確認ください。

操作画面イメージ/操作のポイント

申告データの準備は、「申告データ作成メニュー」の「申告データ新規作成」から行います。

申告税目、提出先を選択する

「提出先税目一覧」画面

  • 基本情報ファイルの提出先・手続き一覧が表示されます。
  • 税理士が申告データを作成する場合で、納税者の基本情報ファイルを取り込んでいない場合や取り込んだ基本情報ファイルが古い場合などは、提出先税目一覧に表示されていない申告データを作成することができます。ただし、納税者が利用届出により提出先・手続きを登録している場合に限ります。

申告データの作成条件を指定し、申告様式を選択する

「申告データの準備」画面

  • 申告区分、事業年度などの作成条件を指定すると、選択可能な申告様式が一覧表示されますので、申告に必要な様式を選択します。
  • 申告先の地方公共団体によっては、課税情報などを反映した「プレ申告データ」を提供している場合がありますので、ご利用ください。

事業所情報を登録する

「事業所明細一覧」画面

  • 法人事業税などの課税標準の分割明細書を作成する場合は、事業所情報を登録します。

既存の申告データを基に準備する

  • 既存の申告データをひな型として使用することができます。その場合、「申告データ作成メニュー」の「申告データ読込み」から既存の申告データを読み込みます。次の申告データの作成の準備ができます。
  • 作成中の申告データを基に、新たな申告データの作成。
  • 受付済みの申告データを訂正、または修正申告の作成。
  • メッセージボックスからダウンロードしたプレ申告データを基に作成。

注意点

  • ポータルセンタから基本情報ファイルやプレ申告データなどのダウンロードは、ポータルセンタにログインする必要があります。この場合は、インターネットに接続していることを確認し、ポータルセンタログイン画面で利用者IDと暗証番号を入力してください。
  • 基本情報ファイルをダウンロードする画面では、「はい」を選択してください。税理士による申告などで、すでに基本情報ファイルをダウンロードしている場合にのみ「いいえ」を選択します。
  • 利用届出により登録していない提出先・手続きの申告データは、ポータルセンタへ送信時にエラーとなり送信できません。必ず提出先・手続きを利用届出により登録してください。

こんなときには

 

ページトップへ