eLTAXの特徴

eLTAXの特徴を紹介します。

電子申告、電子納税、電子申請・届出の特徴については、それぞれのページをご確認ください。

eLTAXの利用規約

eLTAXのサービスは無料でご利用いただけます

電子申告をはじめeLTAXのサービスは無料でご利用いただけます。

なお、eLTAXをご利用いただくにあたり、パソコン環境やインターネット接続環境、必要に応じて電子証明書などを事前に準備していただく必要があります。これらの準備には費用が必要なものもあります。

手続きは自宅やオフィスから

これまでの紙による申告等の手続きは、申告時期ともなると窓口の混雑のため、不便な思いをすることがあったかもしれません。eLTAXは、インターネットを利用するため、自宅やオフィスなどから手続きを行うことができます。

受付窓口の一元化

これまで、複数の都道府県や市区町村に申告等の手続きを行う場合は、作成した申告書等をそれぞれの受付窓口へ提出する必要がありました。eLTAXでは、利用者が作成した申告等の電子データ(以下「申告データ等」といいます。)を、インターネットで送信するだけです。ポータルセンタで受付処理を行い、申告データ等から提出先を判断してそれぞれの地方公共団体へ送信します。

(※申告データ等は、提出先ごとに作成する必要があります。)

申告データ等の受付結果は、メッセージボックスからすべての受付結果を確認することができます。

申告書等の作成をサポート

  • 無料のeLTAX対応ソフトウェア(PCdesk)を当ホームページから提供しています。
    PCdeskでは、住所、氏名などの項目の自動入力や税額の自動計算などさまざまな作成支援機能を提供しています。
    また、紙の申告書等と同じイメージで作成できるよう配慮しています。
  • 市販されている税務・会計ソフトウェアで作成した申告データ等を利用できます。
    すでにeLTAXに対応している税務・会計ソフトウェアについては、「eLTAX対応ソフトウェア一覧」をご確認ください。

セキュリティ対策も万全

eLTAXは、地方税に関する個人情報を取り扱うことから、高い安全性と信頼性を確保し、利用者の方が安心して利用できるセキュリティ対策を行っています。

セキュリティ対策も万全

利用者認証

eLTAXへのアクセス時には利用者IDおよび暗証番号の入力により、利用者認証を行うことで不正なアクセスを防止します。

電子証明書による電子署名

申告データ等をeLTAXへ送付する際には、電子証明書によって電子署名を行います。これにより、第三者が名前を偽わり不正なデータを送付する「なりすまし」やデータの改ざんを防止します。

SSL、ファイアウォール

eLTAXでは、必要な場面でSSL(Secure Sockets Layer)方式の暗号化を行っています。そのため、インターネット上で個人情報が盗聴されることはありません。また、個人情報を記録するデータベースやサーバは、ファイアウォールとアクセス監視システムなどにより外部の不正アクセスから保護しています。

 

ページトップへ