STEP1: 利用届出とは

eLTAXをご利用いただくには利用届出が必要です

利用届出とは、eLTAXをご利用いただくための手続きのことです。

利用届出を行うと、eLTAXのログイン時に必要な利用者IDと仮暗証番号を記載した送信結果一覧画面が表示されます。eLTAXをご利用いただくには、この利用者IDが必要です。

利用者には、提出先の地方公共団体において内容確認などの受付手続きが行われ、その手続きが完了した時点で「手続き完了通知」メールが送信されますが、利用届出を行った時点で利用者IDは有効になっていますので、「手続き完了通知」メールを受け取る前でもeLTAXをご利用いただくことができます。

なお、送信結果一覧画面には、利用者IDと仮暗証番号に加えて、利用届出(新規)の手続き状況を確認するために必要な情報が記載されています。必ず送信結果を印刷するなど大切に保管してください。

利用届出の種類と提出方法のご案内

利用届出の種類

利用届出には、次の3種類があります。最初に利用届出(新規)を行い、必要に応じて利用届出(変更)/利用届出(廃止)を行ってください。

利用届出(新規)

eLTAXを初めて使い始めるにあたって、利用者となる法人の名称・所在地または個人の氏名・住所などの利用者に関する情報を登録していただきます。利用届出が提出されると、eLTAXのログイン時に必要な利用者IDと仮暗証番号が発行されます。

利用届出(新規)は、当ホームページから主たる提出先となる地方公共団体1つに対して行ってください。e-mailや書面での利用届出の提出は受け付けていません。

利用届出(変更)

利用届出(新規)の際に登録した内容を変更するときに行います。例えば、申告書等の提出先となる地方公共団体を追加登録したり、利用税目を追加登録したりするときに行います。また、電子証明書を差し替えるときにも行います。

利用届出(変更)は、PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから行います。

利用届出(廃止)

eLTAXの利用をやめるときに行います。
利用届出(廃止)を行った場合、もう一度eLTAXを利用するにはあらためて利用届出(新規)を行っていただく必要があります。

利用届出(廃止)は、当ホームページまたはPCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアから行います。

受付時間

いずれの利用届出の場合も、受付時間はeLTAXの利用可能時間と同じで次のとおりです。

月~金(祝日、年末年始を除く。)

8時30分~24時

利用届出を行うにあたって、ご確認いただきたいこと

誰が利用届出を行う必要があるかご存知ですか

eLTAXを利用するにあたり、利用届出が必要な人は次のとおりです。

利用届出が必要な利用者一覧
納税者 eLTAXを利用する場合には、利用届出が必要です。利用するのが個人か法人か選択する必要があります。
税理士 個人税理士や税理士法人などが納税者の代理(税務代理)としてeLTAXを利用する場合には、利用届出が必要です。個人か法人かの選択の他に、代理行為のみで利用するのか自己申告にも利用するのかを選択する必要があります。

さらに詳しい利用届出の考え方については、下記の項目をクリックしてご確認ください。

ご利用になりたいサービスが開始されていますか

ご利用になりたいサービスが開始されているかどうか、次の点をご確認ください。

ご利用になりたい手続きについて

eLTAXでは地方税に関する「申告」、「申請・届出」、「納税」をご利用いただけます。ご利用になりたい手続きがサービスを開始しているかどうか「eLTAXの概要と利用可能な手続き」をご確認ください。

地方公共団体について

利用可能な手続きは地方公共団体によって異なります。詳細については、「地方公共団体ごとのサービス状況」をご確認ください。
サービス開始前の地方公共団体に、利用届出だけ先に行うことはできません。

 

ページトップへ