STEP6: 利用届出(新規)の操作のポイント

操作のポイント

利用届出(新規)の留意点は次のとおりです。操作の詳細については、「利用届出(新規)の操作ガイド」に記載しています。必ずお読みください。

利用届出(新規)は1回だけ

複数の地方公共団体へ申告等の手続きを行う場合でも、eLTAXでは、1つの利用者IDで複数の地方公共団体へ申告等の手続きを行うことができます。複数の地方公共団体へ申告等の手続きを行う場合は、以下の方法により利用届出を行ってください。

  1. 利用届出(新規)を1回だけ行う。
    当ホームページから利用届出(新規)を1つの地方公共団体に対して行ってください。
    利用届出(新規)では、「提出先選択」画面で行う地方公共団体の指定は1つしかできません。
  2. 2回目からは利用届出(変更)を行う。
    PCdeskなどのeLTAX対応ソフトウェアをインストール後、eLTAX対応ソフトウェアから提出先・手続きの追加を行ってください。

どの地方公共団体へ提出しますか?

複数の地方公共団体へ申告書等を提出する場合でも、主たる提出先(主な提出先、例えば、法人都道府県民税、法人事業税、地方法人特別税の申告等を行う場合は、本店所在地の都道府県など)となる地方公共団体を1つだけ選択してください。
また、法人でご利用になるのか、個人でご利用になるのかを選択します。

操作ガイドを確認する

税理士が税務代理を行う場合

税理士が税務代理を行う場合、利用届出(新規)で選択する主たる提出先には、主に税務代理により申告書等を提出している地方公共団体を指定してください。
また【提出先・手続情報】の「区・事務所等」には、主に税務代理により申告書等を提出している地方公共団体の税事務所・区役所等を指定してください。どこか1つの地方公共団体及び区・事務所等を指定して届出を行えば、eLTAXに参加している全国の地方公共団体に対して代理行為を行えます。

利用届出の際に入力する項目は?

住所又は所在地、氏名又は名称、連絡先、利用税目などの情報を入力します。
入力項目ごとに半角/全角、記号、英数字など、入力可能な文字が制御されています。キー入力しても文字が入力されない場合は、半角/全角などを変えて入力してください。

操作ガイドを確認する【法人】

操作ガイドを確認する【個人】

文字の扱いについて

  • eLTAXで使用可能な文字コードについては、「文字の扱いについて」をご確認ください。
    なお、使用可能な文字コードの範囲外となるものについては、使用可能な文字コードの範囲内から代替文字を選択してください。

電子署名の必要な方をご存知ですか?

ご自身で申告書等を提出する納税者及び税理士は、電子署名してください。
税理士に申告書等の作成・送信を依頼している納税者の場合、電子署名は不要です。

トピック

 

 

ページトップへ