「eLTAX電子申請・届出」を利用する前に用意するものについて説明します。
電子申請・届出の手続きには、以下のものが必要です。

  • 電子証明書(必須)

    1つ以上の電子証明書を必ず用意してください。

  • 利用者IDと仮暗証番号(任意)

    ご自身の申請の場合は、利用者IDをお持ちでなくても、申請・届出書の作成・送信などの手続きができます。
    ただし、利用者IDをお持ちでない場合、一部利用できない機能があります。
    利用できる手続きについては、以下を参照してください。

電子証明書

「eLTAX電子申請・届出」では、電子申請・届出書が利用者本人の確認済みのものであること、およびデータの改ざんの有無を確認するために、電子申請・届出書に電子証明書を付与し、電子署名する必要があります。
利用できる電子証明書は、以下のとおりです。いずれかを入手してください。

  • 「商業登記に基礎を置く電子認証制度」に基づく電子証明書

    法務省が運営する「商業登記認証局」が発行するもの。
    なお、電子証明書の申請受付、発行等は、法人等の登記を管轄する全国の登記所のうち、指定を受けた登記所で行われています。

  • 「公的個人認証サービス」に基づく電子証明書

    電子署名等に係る地方公共団体情報システム機構の認証業務に関する法律に基づいて、申請者の住民票のある市区町村で発行されるもの。

  • 第四世代日本税理士会連合会認証局/税理士証明書発行サービスに係る認証局が作成する電子証明書(NTTネオメイト(旧・株式会社NTTアプリ))
  • TDB電子認証サービス Type A に係る認証局が作成する電子証明書(株式会社帝国データバンク)
  • AOSignサービスに係る認証局が作成する電子証明書(日本電子認証株式会社)
  • 法人認証カードサービスに係る「商業登記に基礎を置く電子認証制度」を運営する電子認証登記所が作成する電子証明書(株式会社リーガル/日本電子認証株式会社)
  • TOiNX電子入札対応認証サービスが作成する電子証明書(東北インフォメーション・システムズ株式会社)
  • e-Probatio PS2サービスが作成する電子証明書(株式会社NTTネオメイト(旧 ・株式会社NTTアプリエ))
  • セコムパスポート for G-IDが作成する電子証明書(セコムトラストシステムズ株式会社)
  • 電子入札コアシステム用電子認証局/DIACERT/DIACERT-PLUS サービス電子認証局が作成する電子証明書(ジャパンネット株式会社)
  • 地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)が発行する「職責証明」

    ※eLTAXソフト連携の関係上、ICカードドライバは少なくともA20版以降(B00版以降を含みます)のバージョンをご利用ください。
     eLTAXでは三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社製のICカードに格納したLGPKIの職責証明書のみ対応しており、ペンティオ株式会社製のICカードに格納したLGPKIの職責証明書には対応していません。

  • 政府共用認証局が作成する電子証明書
【?】
  • ・政府認証基盤(GPKI)は、インターネットを利用して国民等から行政機関に対して申請・届出等が行われた場合に、本当にその名義人によって作成されたものか、内容が改ざんされていないかを確認できるようにするための行政機関側の仕組みです。
  • ・税理士等に手続きを依頼する場合は、電子署名の付与を省略できる場合があります。

なお、認証局によっては、発行する電子証明書がICカードに格納されている場合があり、この場合、別途ICカードリーダ等が必要になります。ICカードリーダ等の機器とその機器を使用するためのソフトウェアをご用意ください。
詳しくは、ご利用の電子証明書の発行元や認証局に確認してください。

ページトップへ

利用者IDと仮暗証番号

利用者IDと仮暗証番号は、利用届出(新規)を行うことによって取得できます。
利用届出(新規)とは、eLTAXをご利用いただくための手続きのことです。
利用届出(新規)方法は、以下を参照してください。

「利用届出(新規)マニュアル」

【?】

ご自身の申請の場合は、利用者IDをお持ちでなくても、申請・届出書の作成・送信などの手続きができます。
ただし、利用者IDをお持ちでない場合、一部利用できない機能があります。
利用できる手続きについては、以下を参照してください。

利用届出(新規)を行うと、送信結果画面で利用者IDと仮暗証番号が表示されます。
仮暗証番号は、「eLTAX電子申請・届出」にログインする際、必要となります。

【!】

ご自身の申請の場合は、利用者IDをお持ちでなくても、申請・届出書の作成・送信などの手続きができます。
ただし、利用者IDをお持ちでない場合、一部利用できない機能があります。
利用できる手続きについては、以下を参照してください。

ページトップへ

用意するもの(代理申請)

代理申請を行う場合に、用意するものについて説明します。
代理人として他の方の電子申請を行う場合や、税理士等に電子申請を依頼する場合は、以下のものが必要です。

  • 代理人(税理士等)の利用者ID(必須)
  • 代理人(税理士等)の電子証明書(必須)
  • 申請・届出者本人の利用者ID(任意)※
  • 申請・届出者本人の電子証明書(任意)※
    ※電子申告の場合と同様に、電子署名の省略に対応しています。どちらか一方が必要となります。
ページトップへ