代理人から受け取った申請・届出書をアップロードし、電子署名を付与します。
必要に応じて内容の修正や署名の追加を行い、送信します。
代理人から受け取った申請・届出書に署名して、送信するには、以下の操作を行います。

【!】ビューアのインストール

団体別様式の申請・届出書の編集には、ビューア(Adobe Reader)が必要です。

 

申請・届出書のアップロード

操作を開始します。

GPC51020:電子申請・届出メニュー
  1. [申請・届出書のアップロード]ボタンをクリックします。

代理人から受け取った申請・届出書のデータをアップロードし、「eLTAX申請・届出」で編集できるようにします。

GPD55010:申請・届出書のアップロード
  1. [参照]ボタンをクリックします。
    ファイルを選択するダイアログボックスが表示されます。
  2. アップロードする申請・届出書のファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
    「ファイル名称」に選択したファイルのファイル名が表示されます。
  3. [申請・届出書をアップロードする]ボタンをクリックします。

利用者情報の確認・修正

表示されている内容を確認します。
送信前の申請・届出書の場合は、内容を修正できます。

【!】 署名の削除

修正すると、申請・届出書に付与されていた署名が破棄されます。
必要に応じて、破棄された署名を付与し直してください。

GPC54020:利用者情報登録
  1. 表示内容を確認します。
  2. 修正する場合は、[修正]ボタンをクリックします。
    付与されている署名が破棄され、入力できるようになります。
  3. 必要に応じて修正します。
  4. [次へ]ボタンをクリックします。

申請・届出書の作成

標準様式と団体別様式で、作成方法が異なります。
該当する方を参照してください。

標準様式の場合

申請・届出書の内容を確認します。
送信前の申請・届出書の場合は、内容を修正できます。

【!】 署名の削除

修正すると、申請・届出書に付与されていた署名が破棄されます。
必要に応じて、破棄された署名を付与し直してください。

  1. 表示内容を確認します。
  2. 内容を修正する場合は、[修正]ボタンをクリックします。
    付与されている署名が破棄され、入力できるようになります。
  3. 必要に応じて修正します。
【?】 入力必須項目について

背景がオレンジ色の項目は、入力必須です。必ず入力してください。

【?】 入力内容について

入力内容について不明点等がある場合は、提出先の団体にお問い合わせください。
「法人 設立/設置 届出書」「異動届」の入力内容は、以下で確認できます。

【?】 転記される内容について

名称やカナ、電話番号などのうち、一部の項目は「利用者情報登録」画面での入力内容から転記しています。
修正する場合は、「GPC54020:利用者情報登録」画面に戻って修正してください。

  1. 資料や財務諸表を添付する場合は、[添付資料を参照/追加する]ボタンをクリックします。
  2. [次へ]ボタンをクリックします。
【!】 入力エラーが表示された場合

エラー内容を確認し、再入力してください。

団体別様式の場合

ポータルセンタに登録されている団体別様式名称が表示されます。状況は「登録済」です。
登録されている団体別様式をダウンロードし、内容を確認します。

GPC57010:団体別様式登録
  1. 「4.登録済み様式の確認」の[登録済みの団体別様式をダウンロードする]ボタンをクリックします。
    保存先を指定するダイアログボックスが表示されます。
  2. 保存先を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    ご自身のパソコンに団体別様式がダウンロードされます。
  3. Adobe Readerを起動し、ダウンロードしたファイルを開きます。内容を参照します。
    修正する場合は、以下に進みます。
  4. Adobe Readerを終了し、ブラウザの「eLTAX電子申請・届出」を表示します。
  5. [次へ]ボタンをクリックします。
団体別様式を修正し、再登録する

送信前の団体別様式は、内容を修正し、再登録できます。
再登録すると、登録されている団体別様式が上書きされます。

【?】 修正する団体別様式

修正する団体別様式の入手方法は、以下を参照してください。

また、以前にダウンロードしてあった団体別様式を利用することもできます。

【!】 署名の削除

修正すると、申請・届出書に付与されていた署名が破棄されます。
必要に応じて、破棄された署名を付与し直してください。

  1. 再登録する団体別様式のファイルを、Adobe Readerで修正します。
  2. Adobe Readerを終了し、ブラウザの「eLTAX電子申請・届出」を表示します。
  3. [修正]ボタンをクリックします。
    付与されている署名が破棄され、団体別様式を登録できるようになります。
  4. 「3 .団体別様式の登録」の[参照]ボタンをクリックします。
    ファイルを選択するダイアログボックスが表示されます。
  5. 修正したファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
    「ファイル名称」に選択したファイルのファイル名が表示されます。
  6. [団体別様式を登録する]ボタンをクリックします。
  7. 資料や財務諸表を添付する場合は、[添付資料を参照/追加する]ボタンをクリックします。
  8. [次へ]ボタンをクリックします。

電子署名付与の開始

申請・届出書の作成者や申請・届出者本人によって確認済みであることを証明するために、電子署名を行います。
申請・届出書に電子署名を付与します。
また、付与した電子署名の詳細情報を確認できます。

GPC59010:電子証明書照会・付与
  1. [電子署名を付与する]ボタンをクリックします。

メディアの選択

電子証明書が格納されているメディアを選択します。
以下のいずれかの方法で、署名に使用する電子証明書を選択します。

ICカードに格納された電子証明書で署名する

ICカードを使用します。

【!】

ICカードをICカードリーダに挿入してから選択してください。

GPC59020:メディア選択
  1. 「ICカードを利用」を選択します。
  2. [次へ]ボタンをクリックします。
【!】

電子証明書で署名する場合には、eLTAXが提供するActiveXコントロールがインストールされている必要があります。なお、eLTAXから提供されたものではないActiveXコントロールをインストールしている場合でも、 eLTAXが提供するActiveXコントロールのインストールが必要となります。

ICカードを発行した電子証明書の認証局サービスを指定します。

GPC59030:電子証明書認証局サービス名選択
  1. リストからICカードを発行した電子証明書の認証局サービスを選択します。
  2. [次へ]ボタンをクリックします。
  3. パスワードを求められますので、入力します。
【!】

ご使用の環境によっては、パスワード入力画面が他の画面の後ろに隠れて表示される場合があります。
その場合は、タスクバーに表示されているパスワード入力画面のボタンをクリックし、最前面に表示してから操作してください。

他メディアに格納された電子証明書で署名する

ICカード以外のメディアを使用します。

GPC59020:メディア選択
  1. 「他メディアを利用」を選択します。
  2. [次へ]ボタンをクリックします。

使用する電子証明書を指定します。

GPC59040:電子証明書ファイル・パスワード入力
  1. [参照]ボタンをクリックします。
    ファイルを選択するダイアログボックスが表示されます。
  2. 使用する電子証明書のファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。
    「ファイル名」に選択したファイルのファイル名が表示されます。
  3. 選択したファイルのパスワードを「パスワード」に入力します。
  4. [次へ]ボタンをクリックします。

ActiveXコントロールをインストールする

電子証明書で申請・届出書に署名する場合には、ActiveXコントロールのインストールが必要です。

電子証明書のメディアを選択します。初めて署名を行う場合などでActiveXコントロールのインストールがされていない場合には、インストールします。

    ActiveXインストール
  1. [次へ]ボタンをクリックします。eLTAXが提供するActiveXコントロールがインストールされていない場合には、ポップアップメッセージが表示されます。 ActiveXポップアップメッセージ
  2. [インストール]ボタンをクリックします。
    以下のメッセージが表示されます。 ActiveXメッセージ
  3. [再試行]ボタン又は[キャンセル]ボタンをクリックします。
    「ActiveXコントロールのインストール」画面が表示されます。 ActiveXインストール
  4. [インストールする(I)]ボタンをクリックします。
    eLTAXが提供するActiveXコントロールがインストールされます。
ページトップへ

電子署名の付与

電子証明書の情報を確認し、署名します。

GPC59050:電子証明書確認
  1. 表示されている情報を確認します。
  2. [表示の電子証明書で署名する]ボタンをクリックします。

確認のダイアログが表示されます。

GPC59060:署名確認
  1. 電子証明書の選択を終了する場合は、[署名を終了する]ボタンをクリックします。
    選択した電子証明書で署名されます。
  2. 引き続き、別の電子証明書で署名する場合は、[追加署名する]ボタンをクリックします。
    GPC59020:メディア選択」画面が表示されます。

選択した電子証明書が、一覧に表示されます。

GPC59010:電子証明書照会・付与
  1. 使用する電子証明書の数分、[電子署名を付与する]ボタンをクリックし、使用する電子証明書を選択します。
  2. 電子証明書の詳細情報を確認したい場合は、一覧から対象の電子証明書を選択します。
    選択した電子証明書の内容が、「証明書確認」に表示されます。
  3. [次へ]ボタンをクリックします。

送信(提出)

電子署名を付与した申請・届出書について、以下のいずれかを行います。

  • 送信(提出)する

    申請・届出書を提出します。
    一度送信した申請・届出書のデータは修正できません。ご注意ください。
    利用者IDをお持ちの方の場合、送信したデータはポータルセンタに当日のみ保存され、参照できます。
    提出した申請・届出書の受付状況は、「GPC54020:利用者情報登録」画面で入力した照会番号や、送信時に付与される申請番号を利用して、照会できます。

  • パソコンにダウンロードする

    作成した申請・届出書を提出せずに、ご自身のパソコンにダウンロードして保存します。
    ダウンロードした申請・届出書のデータは、他の利用者にメールや媒体で受け渡すことができます。
    1つの申請・届出書に複数人が署名する場合で、署名する方が利用者IDをお持ちでないときにご利用ください。

送信(提出)する
GPC60010:申請・届出書送信
【!】 申請・届出書のダウンロード
  • ・利用者IDをお持ちでない方

    作成した申請・届出書は、送信する前に必ず[申請・届出書をダウンロードする]ボタンをクリックし、ダウンロードしてください。
    ダウンロードを行わずに送信した場合、提出後に申請・届出書の内容を確認することができません。

  • ・利用者IDをお持ちの方

    送信した申請・届出書は、ポータルセンタに当日のみ保存されます。
    送信後、「GPC51020:電子申請・届出メニュー」画面の「一時保存した申請・届出書を利用する」からダウンロードしてください。ダウンロードを行わないと、提出後に申請・届出書の内容を確認することができません。

  1. [申請・届出書を送信する]ボタンをクリックします。
    確認のメッセージが表示されます。
  2. [はい]ボタンをクリックします。
パソコンにダウンロードする
GPC60010:申請・届出書送信
  1. [申請・届出書をダウンロードする]ボタンをクリックします。
    保存先を指定するダイアログボックスが表示されます。
  2. 保存先を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    申請・届出書のデータが、ご自身のパソコンに保存されます。

送信結果の確認

送信(提出)した場合は、送信結果を確認し、印刷します。
「申請番号」と「照会番号」は、受付状況の照会やポータルセンタに一時保存した申請・届出書を参照・編集する際に必要となります。必ず印刷してください。

GPD51010:送信結果
  1. 内容を確認します。
  2. [印刷する]ボタンをクリックします。
    表示内容が印刷されます。
  3. 電子申請・届出メニューへ戻る場合は、[申請・届出メニューへ]ボタンをクリックします。

ActiveX コントロールを削除する

今後、同一の端末で、「申請・届出」を利用しない場合は、下記の手順に従い、ActiveX コントロール等の設定を削除してください。ただし、同一の端末で「利用届出(新規)」を利用する場合は、除きます。

  1. Internet Explorer を開きます。
  2. [ツール]メニューから[アドオンの管理(M)]を選択します。
  3. 「アドオンの管理」画面の左下にある「表示」について、「すべてのアドオン」を選択します。
    アドオンの管理1
  4. eLTAX が提供するActiveX コントロール(名前:Local Tax Computerization Council の
    発行元:AxeLTAXApplication Control)をダブルクリックします。
    「詳細情報」が表示されます。
    アドオンの管理2
  5. 「詳細情報」画面で、[削除]ボタンをクリックする。
    詳細情報
  6. ユーザーアカウント制御画面で、「次のプログラムにこのコンピュータへの変更を許可しますか?」が表示されるので、
    [はい(Y)]をクリックします。
  7. 「詳細情報」画面で、[閉じる(L)]をクリックします。
    eLTAX が提供するActiveX コントロール(名前:Local Tax Computerization Council の
    発行元:AxeLTAXApplication Control)が削除されます。

eLTAX のサイトを信頼済みサイトから削除する

  1. Internet Explorer を開きます。
  2. [ツール]メニューから[インターネットオプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログボックスが表示されます。
  3. [セキュリティ]タブを選択します。
     信頼済サイト
  4. 信頼済みサイトを選択し、[サイト(S)]をクリックします。
    [信頼済みサイト]ダイアログボックスが表示されます。
  5. Web サイト「www.portal.eltax.jp」を選択し、[削除(R)]をクリックします。
  6. [閉じる]をクリックします。
    eLTAX のサイトが信頼済みサイトから削除されます。
    なお、eLTAX のご利用前にレベルのカスタマイズを行っていた場合は、[レベルのカスタマイズ]をクリックし、
    事前に控えておいたメモ等をご参照のうえ、セキュリティ設定をもとの状態に戻してください。

eLTAX のサイトをポップアップ画面表示の許可から削除する

  1. Internet Explorer を開きます。
  2. [ツール]メニューから[インターネットオプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログボックスが表示されます。
  3. [プライバシー]タブを選択します。  
    ポップアップ1
  4. [設定]をクリックします。
    [ポップアップブロックの設定]ダイアログボックスが表示されます。
  5. [許可されたサイト(S)]に表示されている「www.portal.eltax.jp」を選択し、[削除(R)]を選択します。
    ポップアップブロック2
  6. [閉じる]をクリックします。
    eLTAX のサイトがポップアップ画面表示の許可から削除されます。
ページトップへ