お知らせ

2014/12/22 Javaのバージョンアップについてのお願い




平成26年12月22日から、以下のJava実行環境(Java Runtime Environment)に対応致します。


Java7 Update71
※Java7 Update25以降のJREについて、上記以外の動作確認は実施しておりません。


これにより、以下のとおり御対応をお願い致します。
・利用届出(新規)、電子申請・届出を御利用される方
 新規にeLTAXを御利用される方は、Java7 Update71のインストールをお願い致します。
 また、既にeLTAXを御利用されている場合は、現在お使いいただいているJava7 Update25から
 順次、Java7 Update71へのバージョンアップをお願い致します。


 Java実行環境のインストールについては、以下のドキュメントを御参照ください。
 参照ドキュメント:Java実行環境(JRE)構築手順書
 Java実行環境(JRE)の確認/Java実行環境(JRE)のアンインストール手順/
Java実行環境(JRE)のインストール手順


・PCdeskを御利用される方
 この対応に伴うPCdeskの再インストールは必要ありません。


・eLTAX対応税務・会計ソフトウェアを御利用される方
 御利用の税務・会計ソフトウェアの問い合わせ先へ御確認ください。


なお、以下のOS・ブラウザの組み合わせでお使いの場合、ブラウザが応答しなくなる事象が発生する可能性があります。
OS  :Windows7(64bit版)若しくはWindows8(64bit版)
ブラウザ :Internet Explorer10


上記のOS・ブラウザをお使いの方は、対処としてJava実行環境の設定変更を行ったうえで御利用ください。
Java実行環境の設定変更については、以下のドキュメントを御参照ください。
参照ドキュメント:Java実行環境(JRE)構築手順書
Java実行環境(JRE)およびInternet Explorer設定確認 Java実行環境(JREの設定)


また、Java7 Update71をインストール後、利用届出(新規)の手続で以下のメッセージが表示される場合がありますが、「実行」をクリックして手続を進めることができます。
 

   java実行確認メッセージ