給与支払報告書、公的年金等支払報告書及び源泉徴収票の電子的提出の一元化について

平成29年1月から、給与・公的年金等の支払報告書及び源泉徴収票をeLTAXを利用して、一括して作成・提出することが可能となりました。
概要等については、以下をご確認ください。
 
1 概要
給与や公的年金等の支払をする事業者の方は、一定額以上の支払に係るものについて、受給者の方がお住まいの市区町村に支払報告書を提出するほか、記載内容がほぼ同一の源泉徴収票を事業者の方の所轄税務署にも提出する必要があります。
 
平成29年1月以降は、地方税における手続を電子的に行うシステムである地方税ポータルシステム(eLTAX)を利用して、市区町村に提出する給与や公的年金等の支払報告書の電子申告用のデータを作成する際、税務署に提出が必要な源泉徴収票の電子申告(e-Tax)用のデータも同時に作成することができるようになりました。
 
同時に作成したデータは、eLTAXに一括して送信することで支払報告書は各市区町村に、源泉徴収票についてはe-Taxで事業者の方の所轄税務署にそれぞれ提出されます(以下「一元化」といいます。)。
※PCdesk及び一元化対応税務ソフトに限ります。
 
給与・公的年金等の支払報告書及び源泉徴収票のeLTAXでの一括作成・提出(電子的提出の一元化)のための操作手順(概要)
 
・一元化に関する概要について
 一元化
 
(1)一元化の対象帳票
  イ 地方税
  ・給与支払報告書(個人別明細書)(平成28年分以降用)
  ・給与支払報告書(総括表)(平成28年分以降用)
  ・公的年金等支払報告書(個人別明細書)(平成28年分以降用)
  ・公的年金等支払報告書(総括表)(平成28年分以降用)
 
  ロ 国税
  ・給与所得の源泉徴収票(平成28年分以降用)
  ・給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(平成28年分以降用)
  ・公的年金等の源泉徴収票(平成28年分以降用)
  ・公的年金等の源泉徴収票合計表(平成28年分以降用)
 
(2)一元化の事前準備
  イ eLTAXの事前準備について
  ・初めてeLTAXを利用する場合は、以下のページより必要な準備をご確認ください。
 
  eLTAX「必要な準備」
  http://www.eltax.jp/www/contents/1397032170122/index.html
 
  ロ e-Taxの事前準備について
 ・電子的提出の一元化の利用に当たっては、事前にe-Taxの利用者識別番号の取得及び電子証明書の
 登録等を行う必要があります。
 ・事前に取得したe-Taxの利用者識別番号と暗証番号は、PCdeskの「利用者情報メニュー」においても
 登録する必要があります。
 ・e-Taxの利用者識別番号をお持ちでない方は、e-Taxホームページをご確認ください。
 
 e-Tax「e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって」
 http://www.e-tax.nta.go.jp/e-taxsoftweb/e-taxsoftweb1.htm
 
2 スケジュール
 ・データ送信可能日:2017/1/4以降
 
3 利用可能時間等
 データ送信可能日以降、eLTAX及びe-Tax双方の利用可能時間内でご利用いただけます。
 利用可能時間の最新情報は、ホームページをご確認ください。
 
 eLTAX:http://www.eltax.jp/
 e-Tax:http://www.e-tax.nta.go.jp/info_center/index.htm
 
4 統一CSVレイアウト
 「統一入力様式」の統一CSVレイアウトの仕様は以下のとおりです。
 
 ・統一CSVレイアウト仕様書(給与支払報告書-源泉徴収票) 平成28年分~
 ・統一CSVレイアウト仕様書(公的年金等支払報告書-源泉徴収票) 平成28年分~
 
5 一元化に関するQ&A
 ・よくある質問と回答(2017/1/16更新)
 
6 ソフトウェア開発業者の方へ
 一元化に係る仕様については、税務ソフト会社等向けページに掲載しております。
 
 ・税務ソフト会社等向けページ
 https://www.eltax.jp/www/dantai/contents/1409536012889/index.html
 
 なお、上記サイトの閲覧には、別途ログインが必要です。
 詳しくは、以下のページをご確認ください。
 
 ・eLTAX対応ソフトウェアを開発される方へ
 http://www.eltax.jp/www/contents/1401851152522/index.html